2018_02.png

・・・
・・・

 五目ソフトシリーズ

images.jpg今時期のターゲットたちは、水温が下がり、エリアによって早い動きに反応してくれる時間が極端に短くなってきます。
かすかにバイトの感触を得ても、フッキングには至らず、食い損ねても追いかけてくることがないといった場面が多くなり、手ごわい状況が続いてしまいます。
february_01.jpg
このような時は、食い込みを助長させるためにソフトルアーを使用します。
ライトゲーム用であれば、五目ソフトのストレートバルキーリングミノーと、押さえのシュリンプ2インチがあると便利です。
february_02.jpg
なるべく動かない控えめなアクションを演出可能なストレートと、微振動系のバルキーリングかミノーのどちらかや、またはヒラヒラする部分の多いシュリンプの組み合わせで、この時期の手ごわいターゲットを魅了していきましょう

▼ メニューへ


february_03.jpg先発は、活性の高い個体を誘うために波動の強い五目ソフトミノー。
テイルの振動がターゲットをいち早く刺激し、誘引してくれます。
追尾してきても、ワームの後方に位置してあと一歩で食いつかないことも多いと思います。
そんな時は、少しシェイクを入れてその場で揺らめかせてみましょう。
その後のわずかなフォールで食いついてくれればしめたもの。
february_04.jpgそれでも駄目な場合は、ストレート2インチに交換して、ゆったりめのリフト&フォールで、刺激を抑えてフォールで食いつかせる作戦に出ます。
もしくは、テンションフォールや、流れにのせたドリフトフォール。
これで、食いつかないとなると、かなり厳しい状況です。

最後に、水抵抗が大きくヒラヒラアピールが強いシュリンプで仕上げ。
これでも厳しい状況となると、狙う魚や場所、時間帯を変えたほうがよいでしょう。
february_05.jpg
切り札は、ストレートをセットしたリグをボトムに放置し、あたりを待ちます。
わずかな流れを受け止めて海底で揺らめく姿を見て思わずパクリという個体もいますので、ぜひお試しください。