ラパラストーリー

story_01.jpgラパラ・ルアーの最大の特徴は、そのアクションにあります。
他のメーカーが真似できない極めてベイトフィッシュに似たナチュラルなアクションは、まさに「生き餌」という異名で呼ばれる程、良く釣れるルアーとして多くのフィッシング・ファンに認められています。

工場での生産段階で、全製品をスイミングテスト後に出荷しているラパラ・ルアーには、多種多様な製品ヴァリエーションがあります。
その各製品は、どのようなフィールドであろうと、的確に泳ぎ、多様な対象魚に活用できる、まさに初心からベテランまで、全てのアングラーに適したルアーと言えるのです。

ラパラ社の始まりは、1936年にさかのぼります。
漁師のラウリ・ラパラは、フィンランドの湖の湖水にボートを漕ぎだすと、こつこつとトラウトやパイクの習性を研究していました。
そのうちラウリは、これらの魚がいつも泳ぎの不規則な弱った小魚だけを狙って食べていること、そして水中での生存競争が陸のそれと同じであることに気づいたのです。
この事実を発見したラウリは、より一層丹念に魚の生態について研究し始めました。
story_02.jpgそして木の樹皮を削り、泳ぎの不規則な弱った魚に似せたルアーを完成させたのでした。
それがラパラのルアーの始まりです。

今日ラパラがお届けする製品は、水中世界の様に多彩です。
あらゆる釣りのスタイルと使用目的に応じて、それぞれ細密にデザインされています。
ラパラ・ルアーのデザイン、スイミングアクション、サイズ、カラーヴァリエーションの豊富さは、世界中のフィッシング・ファンに長年愛用され、ハード・プラグ市場の世界でNo.1のシェアを占めている理由と言えます。

ファーストクラスの素材と最新の製造技術の応用はもちろんのこと、ラパラの長年の経験と技術がトップ・クオリティーを保証します。
また、大量生産にも関わらず、念入りなハンド・チューニングとタンク・テストがルアーの一つ一つに施されていることもラパラの誇りです。
実際に、世界中で数多くの大物レコードが、今もなおラパラ・ルアーで更新されています。